日本百名山登山支援 全頂制覇百名山

日本百名山 活火山指定一覧

このデータは気象庁により活火山に指定されている日本百名山の一覧表です。各山の詳しい状況を調べたい場合は「気象庁 噴火予報・警報」のページをご覧ください。なお、この一覧は活火山に指定されている日本百名山の噴火の切迫性、危険性を示すものではありません

噴火警戒レベル・ランクについて

噴火警戒レベルについて

気象庁が提供する「噴火警戒レベル」は、火山活動の状況を噴火時等の危険範囲や必要な防災対応を踏まえて5段階に区分したものです。この情報は、全ての活火山に対して提供されているものではありません。また、噴火警戒レベルが提供されている活火山は、全て「噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)」が適用されており、必要に応じ火口内への立入が禁止されている場合がありますので、事前の確認が必要となります。噴火警戒レベルの状況についての確認は、各日本百名山の噴火警戒レベルをクリックすることにより、気象庁のサイト(PDFファイル)で確認することができます。なお、噴火警戒レベルの概要については以下の通りです

レベル1
活火山であることに留意(状況に応じ火口周辺への立入規制)
レベル2
火口周辺規制
レベル3
入山規制
レベル4
避難準備
レベル5
避難

ランク(活火山という用語の定義)について

火山活動を行っている山に対し「活火山」「休火山」「死火山」という分類が今までされてきましたが、現在では火山活動の度合いを最近100年間と過去1万年間の2つの期間で調べ、最も活動的な火山をAランク、次に活発な火山をBランク、残りの火山はCランクと、3つのランクに分類し、これを包括して「活火山」としています。これらの分類は各山の過去の活動状況を基に分類されており、現時点での噴火の切迫性、危険性を示すものではありません

日本百名山 活火山指定一覧

No. 山名 エリア 標高 噴火警戒
レベル
活火山
ランク
001 利尻岳 北海道 1719m - ランクC
002 羅臼岳 北海道 1661m - ランクB
004 阿寒岳(雌阿寒岳) 北海道 1499m レベル1 ランクB
004 阿寒岳(雄阿寒岳) 北海道 1499m - -
005 大雪山 北海道 2290m - ランクC
007 十勝岳 北海道 2077m レベル1 ランクA
009 後方羊蹄山 北海道 1893m - ランクC
010 岩木山 東北 1625m レベル1 ランクB
011 八甲田山 東北 1585m - ランクC
012 八幡平 東北 1613m - ランクC
013 岩手山 東北 2038m レベル1 ランクB
015 鳥海山 東北 2236m - ランクB
018 蔵王山 東北 1841m レベル1 ランクC
020 吾妻山 東北 2035m レベル1 ランクB
021 安達太良山 東北 1700m レベル1 ランクB
022 磐梯山 東北 1819m レベル1 ランクB
024 那須岳 北関東 1915m レベル1 ランクB
026 燧ケ岳 尾瀬 2356m - ランクC
029 赤城山 上州 1828m - ランクC
031 日光白根山 日光 2578m レベル1 ランクC
039 妙高山 上信越 2454m - ランクC
042 草津白根山 上信越 2165m レベル1 ランクB
044 浅間山 上信越 2568m レベル2 ランクA
052 富士山 南関東 3776m レベル1 ランクB
067 焼岳 北アルプス 2444m レベル1 ランクB
068 乗鞍岳 北アルプス 3026m - ランクC
073 御嶽山 御嶽山 3067m レベル1 ランクB
087 白山 北陸 2702m レベル1 ランクC
095 九重山 九州 1787m レベル1 ランクB
097 阿蘇山 九州 1592m レベル1 ランクA
098 霧島山(新燃岳) 九州 1700m レベル1 ランクB
098 霧島山(御鉢) 九州 1700m レベル1 ランクB
098 霧島山(硫黄山) 九州 1700m レベル2 ランクB
099 開聞岳 九州 922m - ランクC