日本百名山登山支援 全頂制覇百名山

表中に使われる用語全般について

百名山の番号(No.)
この番号は「山と渓谷社」発行「改訂新版 日本百名山 登山ガイド」で記載されている番号を使用しており、「深田久弥版 日本百名山」等による番号とは若干異なる場合があります
各山の名称
記載されている各山の名称が実際の表記と異なる場合があります(「が」「ガ」「ヶ」や「の」「之」「ノ」等)。また、山の名称の都合上、表記されている山名と登頂する山名(例:群馬県の「赤城山」の登頂山名は「黒檜山」)が異なる場合や、立入禁止等により、現在その山への登頂が出来ない場合の代替山(浅間山等)の山名を表記している場合があります
エリア表示
日本全国に点在する各山を解りやすく表現するため、エリア別に区分けしています。このエリア表示は、一般のエリア表示(「関東」「関西」「中部」等)とは異なります。また、各山の分布割合にともない、各エリアの範囲が異なってきます。当サイトをご利用の際には、必ずその山の所在地を把握した上でご利用下さい
標高
各山の標高は「国土地理院」発表、もしくは、他の出版社のガイド等に記載されている標高と若干異なる場合があります。また、測量技術の発達や測量方法の変化により、これらの情報が常に変更される可能性があります
難易度
難易度(★、★★、★★★の三段階)の目安について下記のように設定されています。(「山と渓谷社」発行「決定版 日本百名山 登山ガイド」より抜粋)
【 ★ 】
歩行時間が少なく、登高差もあまりないコース
【 ★★ 】
6時間以上の歩行時間を要し、1000m前後の標高差があるコース
【 ★★★ 】
10時間を超える歩行時間が必要であったり、2日以上の山中泊を要するコース
ここでいうコースとは、「コースデータ」で紹介されている「モデルコース」(コースデータについてをご覧下さい)を指します。登頂する山に複数のコースが存在する場合、その全てのコースの難易度を指すものではありません。また、ここでいう安全とは身体等の安全を差すものではありません
体力度
体力度(★、★★、★★★の三段階)の目安について下記のように設定されています。(「山と渓谷社」発行「決定版 日本百名山 登山ガイド」より抜粋)
【 ★ 】
指導標が整備され、危険箇所もなく、初心者でも安全に歩けるコース
【 ★★ 】
指導標はあるが、地図による確認が必要で、一部に岩場、鎖場、ハシゴ場などがあるコース
【 ★★★ 】
登山道が不明瞭であったり、岩場地帯の通過があり、地図の読み方や岩場に対応できる能力が要求されるコース
ここでいうコースとは、「コースデータ」で紹介されている「モデルコース」(コースデータについてをご覧下さい)を指します。登頂する山に複数のコースが存在する場合、その全てのコースの体力度を指すものではありません
参考日程
登山口から下山口までの日程を表しています。従って、登山口までの日程や下山口から各交通機関等までの日程は、この中に含まれておりません。また、これらの参考日程は「コースデータ」にて紹介している「モデルコース」(コースデータについてをご覧下さい)の日程を表しており、登頂する山に複数のコースが存在する場合、その全てのコースの日程を指すものではありません